<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

小さな円陣

0
    いよいよ、我が家のサッカーライフも最終コーナーを曲がりラストスパートまでたどり着きました。振り返るとあっという間にここまで来た感じもします。

    ジュニア、ジュニアユースと全国の舞台まで連れて行ってもらい楽しませてもらいました。

    子供達からすればその間、仲間との競争、昇格、葛藤、怪我となかなか経験出来ない環境の中で心身共に大変だったと思います。

    よくぞここまできたなと、感慨深い思いでおります。




    初めての黄色いユニを着て大会に挑んだ時、その小さな背中で誇らしく組んだ円陣は未だ10歳の可愛さを存分に残してました。。。

    そして18歳、ユース世代の締めを迎える今年、あの日の円陣とは比べものにならないぐらい大きな背中で、隆々しくガッツリと組んだ円陣を見させてもらえれば、親とすればそれだけで感無量でございます…。


    9年目を迎えるそのエンブレムに相応しい結果を求めて、悔いの無いよう、それぞれが走り抜けてほしいと、親としては願うばかりです。



    2009年3月 むさしの招待より〜


    savilerow2011 * サッカー * 08:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    これも縁?

    0
      全日本少年サッカー、いや〜懐かしい響きだなー。

      あの熱く暑いあの夏をつい昨日のことのように思い出しますねー。

      福島Jビレッジでの予選を勝ち抜き、西が丘で迎えた準決勝、惜しくも敗れはしたものの、あの頃から比べるとみんなずいぶん大きくなったなー。

      先日の関東リーグ横浜FC戦でも、当時戦った選手もいました。相変わらずうまかった。

      みんな頑張ってんなー。

      埼玉県の予選も今月から始まります。

      何と言っても今大会最大の注目は、浦和レッズジュニアが初参戦する。


      後数年早ければと未だに思う時がありますー。

      埼玉県で勝ち抜く事は大変な事です。
      特にさいたま市の南部地区は旧浦和の強豪チームがひしめいてます。

      勝ち残った次は埼玉県南地区大会、こっちはもっと大変な熾烈の戦いです。


      でも楽しんでほしいですねー。


      さて、さて、

      浦和レッズジュニアの初戦は27日。



      対戦相手は、、



      我が息子が柏にお世話になるまで、サッカーの基礎を教えてもらった出身の少年団!

      これも何かの縁か!



      息子が4年生の時、大会でアルディージャと対戦し蜂の巣にされましたっー。

      あの時ピッチ横で浦和に入ったらヨロシク!などと私と談笑していた人が今はジュニアの監督コーチです。


      ?時は流れ〜また夏がきて〜?


      月日が経つのは早いものです。











      savilerow2011 * サッカー * 08:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      なんとか優勝と三色丼

      0
        この三連休はアントラーズカップ観戦のために、神栖市の波崎まで三日間観戦してきました。

        結果は予選二日間全勝。

        クマガヤSC 2-0
        鹿島アントラーズつくば 2-0
        横浜FC 2-1
        アルビレックス新潟 2-0

        翌三日目準決勝、
        大宮アルディージャ 1-0

        決勝は準決勝で川崎フロンターレを破った鹿島アントラーズつくばと再戦。

        前半1-0
        後半1-1
        延長前半2-1
        延長後半2-2

        柏が先制するも追いついてくる展開でハラハラもんでした。最後はPK決着で柏がアントラーズカップ優勝となりました。

        今大会は息子は怪我のため、参加は出来ませんでしたが、毎試合ビデオ班で貢献してくれたと思います。

        もちろん息子の活躍を観たいのは親ですから当たり前ですが、こういう中でまた育ってくれればありがたいですし、自分がいなくても大会で優勝する意味を感じてるなら、また前進出来ると思います。

        早く直して復帰だ!
        明日も検査で病院です。
        まだまだ、時間がかかりそうですが、
        焦らずにー。

        いちばん焦ってるのは親の俺かー。。


        帰りはいつもの潮来ICから東関道で帰らず、下道を稲敷まではしり、圏央道稲敷ICから、つくば経由常磐道で帰りました。

        こちらのほうが混まずに帰れます。
        新たなルート発見でした。
        教えくれた大宮の○○さんありがとうございます!

        ところで、やはり銚子が近いと言うことで食べてきました。

        浜めしの三色丼。

        美味かったなー。
        savilerow2011 * サッカー * 20:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        年末バタバタ

        0
          2012年もいよいよ明日で最後。


          なんとか無事健康、怪我なく家族みんなが年を越せることはありがたいことですね。

          昨日から仕事も年末年始の9連休の休暇に突入中ですが、毎度ですが何となくまだまだ長い休みだと、
          のんびりとしてる間に早二日目です・・・


          昨日は連休初日という事もあって車も多く、出歩くにはちと面倒だったので、自宅でのんびり天皇杯観戦。


          息子はトップチームの応援に国立に向かいました。



          試合は工藤の2試合連続ゴールで決勝進出を決めましたが、、本人はイエロー2枚で決勝戦は出場停止。
          ロスタイムの遅延行為だけど、、テレビで見る限りはボールがタッチラインを割ってから工藤にカードが
          提示されるまで僅かでしたが、ここぞとばかりに扇谷さん、この試合8枚ぐらいカードだしたんじゃないかな。。


          強いて言えば1枚目の服脱ぎが無ければですが。。。
          彼が上着を脱ぐことは今後二度とないのか。。またやるのか・・


          決勝戦はチケットも完売ですが、時間あれば私も国立まで観に行こうかと思っています。



          さて、

          柏アカデミーから4人のトップ昇格が先日発表されてましたが、

          今日はさらに一人トップ昇格が発表されてましたね。



          中川寛斗選手ですが、浦和出身ですね。

          浦和大東少年団からレイソルジュニアに入り9年の歳月を経てトップ昇格、そのまま湘南に期限付き移籍のようです。


          先に発表されていた4名の中の小林祐介選手も浦和尾間木少年団出身。




          ちなみにヴェルディでも先日トップ昇格発表になっている前田直輝選手も浦和出身。


          この世代、浦和地区から3人のJリーガー誕生はほんとスゴイことだと思います。

          浦和からどんどんプロ選手が出てほしいですね。




          さて、正月のお酒も仕入れたので、太らないように気をつけないと。。




          ちと、掃除でもするか・・







          JUGEMテーマ:日記・一般


          savilerow2011 * サッカー * 18:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          最後の戦い

          0


            Twitterで毎朝ニュースを拾ってますが、この時期はクラウブチームからの契約更新がなく、戦力外になる選手のニュースが次々と出てきます。


            浦和は達也にポポが現在の戦力外。



            この週末は埼玉スタジアムが久々の5万超え〜。


            当日チケットの発売も無いとのことですが、楽しみにしています。




            新潟か、G大阪か、神戸か、C大阪か。


            4チームのサポーターにとってはこの週末にかける思いも相当だと思います。




            上を見れば、鳥栖か、柏か、浦和か、名古屋か。


            ACL出場権をかけた最後の試合。



            勝つしかないんです!





            しかし、寒い。。。



            寒くなってきた。





            寝ます。。。

            savilerow2011 * サッカー * 00:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            フットボールウィーク

            0
              まさにフットボールウィークな週末でした。

              浦和が広島に勝利し、ACL出場権を得るためには残り2試合も負けられない戦いが続きます。

              試合開始前のコレオグラフィの完成度は浦和しかできないもの。あれを見て選手達は震えた事と思います。

              フットボール文化が根付ているからこそあそこまで出来る。改めて浦和という街におけるサッカー感を感じました。

              同じくして、埼玉スタジアムでは中学世代(中体連)の新人戦(U-14)、埼玉県のNo.1を決める決勝戦が行われました。

              県の大会ですが決勝戦に勝ち上がったチームは岸中と土合中という、言わば旧浦和市の中学サッカー部。

              試合は観戦する側にはハラハラドキドキな展開の激しい内容でした。
              特に岸中のピッチに立つ選手達は息子が浦和の少年団在籍時、同じブロックでしたので、小学1年の頃から何度も試合を通じて見てきた選手達、勝ってほしかったですが、残念ながら準優勝となりました。

              延長までもつれ込み見る側には楽しい試合でした。




              その後、高校サッカーの埼玉県決勝戦があったのですが、こちらは浦和東が残念ながら準優勝となりました。

              高校サッカーも観戦したかったのですが、車で日立台まで走り息子のTMを観戦。

              埼玉スタジアムで観た同じU-14世代の試合でしたが、こちらはひたすらボールを繋ぐサッカースタイル。




              なかなかイジイジする試合で、展開が大きく変わらないため少々飽きてきます。。

              改めて感じたのは身体の大きさ。
              全体的にどう見てもデカイです。。日立台に比べ埼玉スタジアムはピッチから遠いのもありますが、同じ世代だとしてもやはり身体的な差は感じました。。

              夕方帰宅して、この週末に届いたお酒を頂く。

              泉川 純米吟醸ふな口ですが同じ蔵元が作る飛露喜よりもキリッとしてて旨味っ!

              直ぐに開けてしまいそうな勢いです。

              savilerow2011 * サッカー * 08:14 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

              勝利の果てに思うこと

              0
                 
                劇的な幕切れだった昨晩の柏VS浦和戦。。


                我が家はもちろん息子はホーム側という事で、親子でホーム&アウェイと
                対峙したわけだが、試合前のエールの交換ならぬ電話で健闘を伝えながら
                試合を見守った。


                途中原口の交代ブチギレ、レアンドロ負傷交代と試合展開が読めない中、

                最後の最後、ポポのあきらめない気持ちが生んだすばらしいゴールでした。

                柏の栗澤も競り合いは精一杯だったのかな。
                初スタメンGKだった稲田の判断が中途半端だったと思う。

                あそこでGKが菅野だったら、じっとガマンして飛び出さずにいたとも思える。
                どちらにしても稲田とポポ、日頃出場が少ない選手達にとっては極端な結果と
                なってしまった。

                写真 1





                とにかく今朝の浦和の空は快晴です・・・台風前の静けさとうもいうべきか・・・


                思い返せがば、今回のような劇的な幕切れは、8年前の2004年、埼スタで行われた
                VS磐田戦を思い出すサポーターも多いだろうな。

                ロスタイム4分で3分台に突入する中、果敢にドリブルで持ち込んだ長谷部の決勝ゴール。

                あの試合は雨が降る中、ゴール裏で小さな息子を折れんばかりにと抱き合って喜んだものだ。



                時が経つのは早いものである・・・




                今回の柏戦は浦和が気迫の勝利で優勝戦に勝ち残った!

                先週のG大阪戦はとっくに忘れたわ! 5-0 ?? 知らん 知らん!




                とはいえ、です。


                柏もこの借りは絶対に返さないといけない。


                なにも柏はトップチームだけではないじゃないかっ!
                アカデミーある!


                10月6日には柏U-15の関東リーグが待っている!

                対戦相手は浦和レッズ!

                ここで借りを返せばいいのである!
                トップの借りを返せばいいのである!


                浦和ホームに乗り込みレッズランドで勝利を得なければならない。

                ただし浦和ジュニアユースはここ2試合連勝しているし、
                関東リーグの降格争いがあるため、相当な覚悟で挑んでくるはず。

                息子も最近の試合は先発で使ってもらってはいるものの、まだまだ厳しいものがある。


                とはいえ、ホーム浦和で、 おっと・・ 訂正) 



                アウェイ浦和戦で、しっかりと借りを返してほしい。

                俺が決めてやる!というぐらいの気合を見せてもらいたいものである。




                翌7日からはU-18 、U-14合同のカタール遠征に出発〜
                せわしない週末が続きます・・・




                さて、、、これからダイエーがオープンしたということで、付き合うか。。





                savilerow2011 * サッカー * 10:56 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                光輝く

                0
                  U-18カテゴリーのクラブユース選手権の全国制覇、おめでとうございます!

                  で、U-12カテゴリーの準決勝もすばらしい結果!

                  距離柄、U-18の準決勝は応援に駆け付けましたが、ガリガリ君をもらい損ね多少の悔しさもあの試合を観戦すれば、なーんも入りません。

                  素晴らしい試合に誇らしく思えました。息子にもいつかあのサッカーを体現してくれる選手になってもらいたいと、心底思えました。


                  この先どうなるかはわかりませんが、はっきりしている事は明日からジェフの交流試合があり、そしてU-15のユース選手権がはじまります。そして、秋田遠征、愛知遠征と続きます。

                  しかし、金が続きませんー。
                  まー何とかしないといけません。


                  昨日は一心不乱に靴を一足磨きました。オールデンチャッカーブーツ。



                  磨けば光る。
                  サッカーも同じです。

                  がんばれよ!





                  savilerow2011 * サッカー * 20:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  ついにレッズがっ!U-12ジュニア設立!

                  0

                    悲願!

                    えっ・・・って浦和レッズが本日U-12の設立を発表しましたね。


                    ここにたどり着くまでに紆余曲折を経て、ようやくといったところでしょうか。



                    振り返れば我が家にはいつもレッズがあり、生活に染み付いていた。

                    子供達も浦和で生まれ育ち、気がつけばサッカーボールを追いかけ、駒場や埼玉スタジアムで毎週サッカーを観戦し、いつでも浦和レッズがそこにある。

                    地元の浦和少年団に入り、浦和サッカー小僧の憧れであるFC浦和に選ばれることを目標にがんばっていた。

                    4年生になると5年生からもFC浦和を作って練習が始まるらしいという話を聞いて、浦和トレセンも4年生の後半から練習なども始まり、いよいよFC浦和に向けた挑戦が始まると、親子共々楽しみにしていた。

                    FC浦和は半ばレッズのジュニア組織に近いものだったので、そこからレッズに入ってという流れは地元のサッカー小僧であれば憧れるもの。


                    最終的にはFC浦和は活動休止という中途半端な状態になり、今も公式な試合にはその名で試合に出ることは無くなってしまった。


                    そんな中、今日の発表になったわけだが、FC浦和の公式な活動休止後2年の歳月を経てのU-12組織の設立となった。


                    今回の詳細は発表されていないが、既来のジュニア組織同様小学校4年生からの組織を立ち上げていくということなので、これはある意味浦和という地区にとらわれることなく、近県からもたくさんの小学生がセレクションを受けに来ることになると思う。

                    へんな話だが、柏レイソルにも浦和出身者が多いのも事実であり、今回のレッズのジュニア組織の設立は千葉県からも通える距離でもあるわけで、従来以上に近県からの加入も想定される。

                    果たして新生レッズジュニアU-12は今後どういう形で組織され、そして今回2013年度に新しく4年生から入った子供達がプロとして埼玉スタジアムのピッチに立つのはいつごろになるうだろうか。。。楽しみでもあります。

                    ともかく浦和ついにですね。


                    後、数年早ければ・・・・なんて。。。


                    思ってはいません(笑)


                    柏のアカデミーの凄さはこの4年間で実感しております。

                    サッカーだけではないところの成長をみても親の立場から考えさせられることが多いです。

                    経験という変えがたい多くの力を吸収できる環境はこれらも生かしてもらいたいものです。



                    今日のエルゴラでも記載されていましたが、柏ユース(高校生)から3名が2種登録になったようです。

                    そのうちの一人は、



                    我らが浦和、FC浦和出身です。







                    savilerow2011 * サッカー * 21:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    世代を越えて

                    0
                      柏からJ2熊本にレンタル移籍中の武富選手、4戦連発10ゴールと爆発してますね!


                      浦和三室少年団出身で6年生時にはFC浦和の選抜メンバーとして第26回全日本少年サッカー大会で優勝、当時のメンバーには北浦和少年団の山田直輝〈レッズ〉もいました。

                      この大会の準決勝でFC浦和と対戦した柏レイソルU-12には、工藤〈柏〉、指宿〈スペイン〉、比嘉〈山形〉、仙石〈岡山〉らが在籍しており、試合はPKにもつれ込みFC浦和が勝利している。



                      ちなみに、この大会の前後ですが、前年の25回大会でも柏は準決勝に進出し、エース清武率いる大分代表の明治北と対戦、勝利し決勝に進んでいる。


                      後年の27回大会で全国制覇したのが埼玉代表だった江南南。エースは原口だった。


                      みんなやっぱりすげー選手達がいるチームは強かったと。てか、オリンピック代表世代の選手達は小学生時代もすごかったという事でしょうか。



                      武富は中学で柏ジュニアユースに入り、当時同じく地元柏市内の中学から柏に入って来たのが先日ドイツに移籍した酒井だったりするわけです。。


                      彼らの世代は後のユースでも柏のスタイルを通してインパクトを与えた世代でした。

                      いろんな選手が舞台こそ違え、活躍している事は、子供達にとっても目指すべき選手達であり素晴らしい事だと思います。

                      特に浦和で育った選手達が活躍しているのは浦和バカにとっても尚更です。

                      どんどん活躍して上を目指してほしいですね。同期の酒井がドイツですから、きするものはあると思います。




                      今日発売のサッカー批評57号では日本の育成に関する分厚い内容で、柏の下部組織戦略からみた日本サッカーの未来についても掲載されておりました。


                      ジュニア世代のサッカーについても読み応えのある内容で、グッとくるものがありました。

                      大切な事は何歳になってもサッカーが好きであるという事。

                      そういう環境を物理的ではなく精神的な部分でモチベーションを維持させる
                      現クラブには感謝です。

                      必読です。(笑)

                      savilerow2011 * サッカー * 21:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ