<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

たまには更新

0
    すでに廃墟的なブログですが。。。

    たまに更新を。


    サッカーの報告などを。


    ジュニア時代から綴ってきたブログですが、現在ユースでがんばってます。


    今週からいよいよ群馬でクラブユース選手権が開催されますが、なかなか厳しいグループに入った感があります。

    我が家は昨年同様メンバーに入っていないので、練習の日々。


    ここで腐っていても仕方ない。

    一試合でも多く試合が出来ることが何よりも今は大事かと思います。

    本日もFC東京とのTMで1点決めたようで、何よりでございます。


    あんな暑い群馬に応援に行かずに済んでよかったよ!

    と、強がる親父です・・・・


    みんながんばれ。



     
    savilerow2011 * ユース(U-18) * 00:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    スタートダッシュ

    0
      年も開けチームも新たに切り替わり、いわゆる新チームとして動き出した。

      プレミア2年目を戦う上で今はいちばん気合が入るこの時期、仕事も同様スタートダッシュで駆け出さなくてはならない。


      ユースとしても2年目はいちばん大事な時期。与えられたチャンスを逃さずに掴み取った者のみがさらなる飛躍を目指す。


      下剋上何でもありのこの世界だ。


      駆け続けるしかないが。。



      昨年もリーグ観戦に何度も出かけた。
      でもピッチに立つ時間よりベンチの時間が長かった。

      試合を経験出来ないという試練は悔しさ以外に残るものはないだろう。


      今年はどうなるか。


      先週始まった新人戦。

      ベンチ外からのスタートだが、その心が折れぬように、、


      そして俺もある決意をした。

      savilerow2011 * ユース(U-18) * 08:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      時の流れを感じつつ…

      0
        なかなか寝れないので、つらつら書いてみる。

        昨夜は柏でスタートミーティングがありましたね。私も一応アソシエイツ会員ですので参加申し込みはしたものの、、残念ながらハズレてしまいました。

        柏を指揮する監督は吉田達磨氏。
        ダイレクターは渡辺毅氏。


        タツマさんとの出会いは息子がU-12時代で、ヴェルディグランドで開催されていたダノンカップと時かな。
        勝てば決勝というフロンターレ戦の時だったが、残念ながらPKで敗退。

        あの時は挨拶程度であまり話すこともなかったが、その後各地大会にいくと大抵現地にいるんですよね。

        U-12で全国大会に出場し、舞台となった福島Jヴィレッジではネット越しにビデオを設置して、1人で試合をじっーと撮影してましたもんね。

        今はアカデミーの選手達がiPadとかで撮影してますけど、当時はほんと現場主義というか、常に目が行き届いていて感心してました。

        その後はジュニアユース、ユースと長い付き合いの中で、この人なら凄いサッカーするんだろうなーと何れ監督になるんだろうなー、その時はどんなサッカーになるんだろうなーという楽しみでもありました。

        今回、来る時が来たと言うところで、本当に楽しみで仕方ないですね。

        心から応援したいと思ってます。



        ダイレクターのナベさんは息子がU-11の時のコーチでした。1年間直接指導してもらってたんですが、当時三郷と流山の橋近くにある江戸川の土手沿いでよく試合してました。

        自チームの試合の合間をぬって土手の斜面に座って対戦相手のチームを観察しながらメモしてるんですが、その後姿見ながら、、あの屈強なDFのナベさんが、背中丸めてメモしてる真面目さに、真剣さに、こういうコーチ人に10歳の頃からずっと育ててもらったんだなーと、思い返すと、感慨深く遠い目をしておりますー。

        実際10歳から柏に通い初めて、
        平日は練習後帰宅が23時前後、
        土日は毎週大会や練習試合に明け暮れてたし、親としても、子供に接してる時間は間違いなくクラブの方が長いので、その影響という部分でも、ただサッカーを教えるというところだけではないところまでに影響が及ぶ。

        ほんと10歳から育てていくということは大変な事にクラブも関わってきてるんだと実感しますね。

        その流れの中で育まれた選ばれし者のみがこうやってトップの舞台に登りつめ、タツマさんのもと、戦っていくわけだから、良い結果を残してほしいものです。


        さて、ここまで続いてきた我が家のフットボールライフも今がいちばんの正念場と思ってます。

        乗り切れるかどうか、G大阪、日本代表の遠藤の言葉で、

        サッカーを楽しむためなら、
        どんな高い壁だって乗り越えてみせる!

        そんな意気込みで負けずに、
        逃げずに、戦ってもらいたい。


        あー朝になってしまったなー。。
        savilerow2011 * ユース(U-18) * 04:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        現実直視

        0
          来年でこのブログも10年目を迎えます。


          日記みたいなもんですが、もし自分に何事かあったら更新されることもなく・・・

          どうなるんだろう・・・っていろいろ考えますが、最低月1回の更新はします。


          昨日まで、4日間にわたり埼玉カップが開催されました。
          どこのチームも来年の新チームを見据えての試合なのであまり勝敗に左右
          されることは無いと思いますが、、その分いろいろ試しておける大会でもある。

          VS 浦和レッズ     (5分)  3−1
          VS 川崎フロンターレ  (0分)  4−2
          VS 藤枝東       (0分)  2−1
          VS 大阪桐蔭      (90分) 2−2
          VS 浦和東       (15分) 3−0
          VS アルビレックス新潟 (0分)  0−3

          決勝トーナメント
          VS 富山第一      (20分) 5−0
          VS ジェフ千葉     (0分)  2−2(PK4−2)


          大会は昨年に引き続き優勝しました。

          息子の応援に埼玉サブグランドまで観戦に行きました。

          しかしながら登録メンバーの中で出場時間がいちばん少なかったかな・・・

          新チームの戦力としては厳しいポジションにいるという事だけははっきりとわかった。

          来年はAチームが引き続きプレミアリーグEAST、Bチームが千葉県1部リーグでの戦いとなる。

          与えられた現実としっかり向き合って悔いの無いようやるしかないだろうけど。。



          深いため息をつく親父です・・・
           
          savilerow2011 * ユース(U-18) * 09:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          長崎にいきたかった。

          0
            子供達の夏休みも半ばに差し掛かり、嫁の機嫌も幾分か持ち直しはじめたこの頃ですが、、、


            オヤジは相変わらずこのお盆休みを遊びほうけてしまいました。

            娘と尾瀬でテン泊予定を立てていましたが、台風で計画も流され、息子は金沢遠征で姿がみえず。

            そんな中、お盆休み後半には秋に開催される国体の関東予選がありました。


            今年の関東開催場所は栃木県。


            高速で通うか、4号線で通うか、悩みつつもそうだ、泊まろうと近辺のキャンプ場を探したらありましたよ。

            しかも無料。

            宇都宮森林公園内にあって開催会場からもそう遠くはない。


            しかし、、、結果的にはこの案も雨で流されました…。


            最終的には道の駅で車中泊となりました。



            でもって、

            試合のほうですが

            初戦は茨城代表と対戦、1-0で勝ちました。

            あと1勝すれば国体出場。


            対戦相手は埼玉代表。


            前半0-0(35分ハーフ)

            後半30分に千葉が先制で1-0


            残り5分を守り切れば…というところ、

            残り1分で埼玉に同点を叩き込まれ…


            ロスタイム2分で逆転弾を浴びた。


            1-2


            ジエンド。

            長崎に行きたかったなー。


            息子達も2試合通して必死にやっていたと思うが技術ではなく走り負け。


            ロスタイムの逆転弾を決めた選手。

            小学生の頃、我が家に遊びに来て夕飯をたらふく食って嫁が驚いていた。

            秋の長崎国体では埼玉県人として応援したい。



            今日から仕事開始でエンジン全開といきたいところだが、、、



            ぼけ感がありありでヤバイ。


            savilerow2011 * ユース(U-18) * 07:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            原点

            0
              午後、早めに息子が練習から帰ってきたのでサッカーでも見に行かないか?と誘ってみた。

              近頃はなかなか思うようなプレーが出来ていないのか、迷いがあるようにも映る。。

              全てがうまくいくなんて無いのだから、ここはふんばりどころだ。

              原点に返ろう。


              ということで、甥っ子が所属するチームの試合を見に行った。

              この色・・・



              ジュニア時代に何度も対戦した色だ。

              片山の強さは気持ちの強さだ。

              良いチームに入った甥っ子だけど、これから大変だぞ・・・まだゲンコツはないみたいだけど楽しい冷や汗

              そんな甥っ子はまだ低学年、ひたすらボールに向かう姿勢は素直で見ていて思わず声が出てしまう。
              コーチの話を聞いてしっかりとパスも出していた。

              途中GKをする甥っ子のポジショニングが気になるのか、試合中にも関わらずゴールの後ろに立ってポジショニングの指示を送る息子を見ながら、、、

              何とも微笑ましく。。。

              あ〜あんな頃もあったな〜と懐かしい気持ちにもなりました。

              駒場での浦和レッズ・ハートフルスクールの頃、なぜポルトガル代表のユニを着させているのかは思い出せない・・・




              この頃の原点にはただただ好きでボールを蹴っていた、純粋な気持ちが今も変わらずあるなら、


              まだまだ、これからも成長できるだろうな、、楽しみです。


               
              savilerow2011 * ユース(U-18) * 00:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              得たもの

              0
                昨日は浦和、原口のラストマッチ?

                彼は幼い頃から天才として有名だった。
                中学時代の試合を何度か観たが、俺様サッカーだった。

                俺によこせ、俺が決める、守備はお前らがやれ!に近いものでも決めて勝つから文句も言えない。

                ただ、そんな原口を諭し、育てたアカデミーのコーチ達の苦労も相当あったろうなーと、他人事のように遠ーくをみながら、酒をすする、、


                美味い…

                美味過ぎる…(埼玉県人ならわかる風)

                原口は浦和アカデミーの指針になった。



                そんでもって息子は先週よりスペイン遠征に出かけまま、未だ帰ってこない…。

                6日には帰国する。

                スペインでマドリッドで開催されているクラブワールドカップに参加しとる。

                17歳以下(1997年生まれ以降)の大会なので高校3年生の早生まれと高校2年生が中心の大会になる。

                行くからには試合に出てもらいたいものだか、そんなにあまい世界ではありません。

                今日の夜中に試合があり、2勝1負けの得失点差で決勝トーナメントの進出は出来なかった。


                今回で7回目の海外遠征。



                この年代でこれだけ世界を経験出来る事はありがたい事です。

                この世代で世界を経験させる事がクラブのひとつの指針となっている。


                浦和と柏。

                我が家にとっては縁のあるクラブだげに感慨深いものもある。。




                3試合の予選を通してピッチ立つことは出来なかった。

                その目で感じた事はなんだろう?

                次は体で体感出来る舞台だなーと。


                これまた1人願いつつ、、、


                他人事のように、


                酒の杯が進んだ 昨晩でした…。



                明日も暑いらしい。。



                がんばって遠征費用を稼ぐぞっ!!








                savilerow2011 * ユース(U-18) * 08:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                意味あるものに

                0
                  意味のなさそうなものを意味のあるものに変えて行くのは自分しかないのだ。



                  なかなか上の舞台では思うように行かないようだ。


                  出れないのではなく、出れなくなった。


                  やれてたのに、効かなくなった。


                  いろいろあるだろう。



                  それは落ちてるのではなく、回りが上がったてきたのだと気付く事からだ。


                  小さな事をコツコツと続けなければならない。

                  もっともっと前から続けていける環境も時間もあった。





                  与えられるチャンスは残された期間に比例する。




                  成長すべく期待への期間が長ければチャンスも与えられる。
                  そこには学ぶべく時間があるから他ならない。



                  残された期間が短いならば、チャンスも与えられなくなる。言い換えれば学ぶべく期間があったという事実。



                  期間がないなら足掻いて足掻いて、あがき続きるしかない。


                  結果を問わずにだ。


                  挑戦できる魂を持ちつづけることだ。





                  帰りの電車で見知らぬ番号からの着信。

                  人の不幸の中でこぼれ落ちてきた19番目のチャンス。


                  このあがきをこの3年間でどう活かすか。

                  スペインの空で学んでこい。


                  期待と不安の中で、、


                  電話越しに尋ねたんだ。




                  『すみません…。

                  分割払いでよろしいですか…?』


                  情けない親です。。
                   
                  savilerow2011 * ユース(U-18) * 21:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  GWのサッカー

                  0
                    GW期間、始まる前は何かやるぞ!と決めても最後はいつもあ〜あと、また何もせずに終わった。。。と。
                    そんなGWを毎年おくっております。。

                    もちろんサッカー観戦の日々ですが。


                    27日には千葉の通称フクスク(フクアリじゃありません)で関東トレセンリーグが行われました。
                    10月に長崎で開催される国民体育大会(国体)の予選をかねているリーグ戦。
                    少年部(U-16)が対象のため1998年以降生まれの選手で構成されている。そのため多くはこの春から新高校1年生もしくは、早生まれの高校2年生となる。

                    このリーグ戦の最初3試合の結果で8月に行われる通称ミニ国体(国体出場県を決める関東大会)の対戦相手が決まる。
                    このリーグ戦の結果でより国体出場が近くなるわけだ。


                    初戦は群馬代表と対戦。
                    千葉代表はレイソル、ジェフの連合チームになっていた。
                    もっといろんなチームから選ばれるかと思っていたらJアカデミーで固めてのチーム。
                    他県も同じようにJアカデミーが中心となっている所も多い。

                    同ブロックには埼玉代表もいるので7月に那須で行われる試合は楽しみであります。
                    出場選手は住居地と所属クラブが違う場合はどちらか選べるようです。各チームの選手をみると確かにそうなってますね。

                    個人的には埼玉代表としてみたいなと思いつつ、
                    千葉代表として選ばれたのはありがたい事です。

                    群馬代表(前橋育英中心)との試合は1−2で敗戦。
                    後半に息子も出場しましたが、何ともチグハグ感が否めない展開が多かった。

                    5月末には鹿島ハイツで栃木代表とのリーグ2戦目を闘う。
                    場所柄、前日土曜日は現地入りしておやじ達と無礼講祭りといきたいところだ。
                    ただ試合には勝たないと8月に行う国体予選では厳しくなるので勝利が必須。



                    千葉県リーグは1部の試合がはじまっており、昨日は市原スポレクで千葉国際との試合観戦。

                    柏はA/Bの2チームで構成されており、Aチームは現在高校世代のトップリーグであるプレミアリーグに参戦。

                    Bチームは千葉県1部リーグで戦う。
                    この1部リーグにはジェフ千葉はじめ、昨年の高校選手権千葉県予選で4強まで入った八千代、そして昨日戦った千葉国際、習志野など、ここで勝ち抜く事は大変だなと思います。

                    千葉国際との試合、なかなかゴール前まで運ぶも最後のところで詰め切れない感じが続く。
                    前線にボールが収まるも、その次のボールがなかなかうまくつながらない。

                    後半に入ると選手交代を機にボールが前線にリズムよく動き始め、2点を一気に決めた。
                    完全に崩しての得点にはお見事と叫んでしまった。

                    まだまだこれからも続く県リーグ。
                    GW期間終盤にはジェフ千葉との試合も控えている。
                     
                    savilerow2011 * ユース(U-18) * 08:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    環境の大切さ

                    0
                      UAEアブダビで開催されるU-17以下の国際トーナメントに出場するため、昨日成田に向かいました。


                      今回で6回目の海外遠征になりますが、親目線では大丈夫か、大丈夫か、と帰国するまでいつまでも心配事なものです。




                      今年は年明けに海外遠征でFCバルセロナ、ACミラン、マンチェスターC、パリサンジェルマン他の海外チームとガチンコ勝負出来た事は本当に大きかった。

                      あきらかにサッカーに対する姿勢が変わってきた。

                      その気持ちを継続しながらこのユース世代を駆け抜けてもらたいものです。



                      この週末は日立台で開催されたプレミアリーグの観戦に行きました。

                      試合は4-0で圧倒してました。

                      試合後、トップチームの練習でも見学して帰ろうかと思い、スタジアムの直ぐ横にある練習場所で見学してました。


                      先日の試合に出場した選手達はトレーニングルームで別メニューのようです。


                      見学しながら、ふと周りを見渡すと、


                      ここの環境の良さはなんなんだろうと、、、



                      まーそもそも練習見学も初めてなので、息子を通してこのクラブで7年間お世話になっておりながら、こういう環境だったんだなーと。

                      改めて気付いた次第。


                      遅過ぎ??


                      約15000人収容のサッカー専用スタジアム。



                      アウェイ側スタンドの直ぐ裏にはレストランがあり、練習を終えた選手達はそこで直ぐに夕食を摂る。



                      その直ぐ隣にはトレーニングルームが併設されている。

                      トップチームも使うのでいつも身近に選手達がいる。



                      その目の前には広大な芝がありトップチームの練習場となっており、更に奥には3面の人工芝グラントがあります。ここではU-10〜U18までが日々トレーニングを積んでいる。



                      時にはオフ期間の間、トップの選手達が練習に参加してそれも重要な経験になる。

                      ユースに上がると直ぐ隣で行っているトップチームの練習にも個別に参加して、その実力を計られる厳しさもある。


                      グランドを桜並木が囲い、この時期季節柄気分もよい。夏は木陰が多く涼しいが、案外風がキツイのもある。


                      こうやってこの環境で最長9年間という月日をサッカーに打ち込む。

                      ユースになると学校も近いので、授業が終わると早めに日立台に来て先程の場所でウェートトレーニングや体幹トレーニングを行い、16時からの練習をみっちりやって、レストランで夕食を摂り帰宅。


                      週末には練習試合、公式大会、今回のような海外遠征を行いながらの育成。

                      他チームの環境と比べることでもないが、間違いなく恵まれている。


                      後はその結果をクラブに返せるよう、努力し続けなければならない。



                      そろそろ、アブダビに到着する頃だろうか。



                      無事怪我なく帰国を願う普通の親です。













                      savilerow2011 * ユース(U-18) * 08:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ