<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アランセーター INVERALLAN

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    INVERALLAN インバーアランのセーター。


    スコットランドのヘブリジーズ諸島、アイルランド周辺の漁師達の間で1450年代頃から着用されていたフィッシャーマンズセーター。

    名前からもフィッシャーマンズなんでそのまんま漁師達の作業着という事です。

    1450年って日本じゃ宝徳年間・・・   宝徳??  いつ??   わからん・・



    室町時代!ですよ。。。室町!



    武田信玄が生まれる100年以上前の時代です・・・

    こんな時代から英国で今もず〜っと着続けられているセーターです。
    すごい歴史ですね。。。。

    ちなみにこのフィッシャーマンセーターなるものが、日本の街着として流行りだしたのは1950年代に入ってから・・第二次世界大戦後らしいです。


    日本ではアランセーターでの総称が馴染みが深いですよね。

    このアランセーターの中で代表的なのがインバーアラン社が作るセーター。

    フィッシャーマンズセーターもアランセーターも漁師用セーターと言う意味では同意語ですが、厳密にはフィッシャーマンセーターの中の一種に入るのがアランセーターということらしい。。。

    アイルランド西海岸にある群島アラン・アイランズの漁師達がハンドで編んだ作業用セーターのことをアランセーターと呼ぶ。

    すげーーな。

    インバーアランではニッターという編む人と契約してランク分けしているようで、各家庭で登録しているニッターがそれぞれ編んで商品になっているようです。

    編み方にもいろんなパターンがあり、パターン自体みても歴史があり、よく聞く話ですが、漁師達が海で遭難しても、着ているセーターの編柄パターンで誰だが判別できたという話があります。


    このインバーアランはもう10年以上前、寸法をスコットランドにあるインバーアラン社にFAXして、
    数ヶ月待って届いたものです。
    ニッターからのサインも同封されており、感激したのを思い出します。


    ちょうど長野に勤務している頃でしたので、毎日重宝したものです。


    実用性も抜群ですが、重いです・・・


    ユニクロチックな軽くて暖かい服とは正反対ですが、


    何代にも渡って着れる。


    現在は日本からの注文はやってないみたいなのが残念です。


    インバーアラン








    savilerow2011 * 服装 * 07:40 * comments(0) * - * - -

    ガイコツ

    0
      ガイコツ達を買ってきました。。

      今回のガイコツもたくさん暴れておりますね。。



      すばらしい企画シャツ。


      前面には”ケセラセラ〜”

      なるようになるさ〜


      と、弾幕を持って行進中。

      写真 1
      写真 1 posted by (C)savilerow


      背面は5番の背番号に寄りかかるガイコツ達と、

      赤白のチェッカーフラッグか掲げられている。


      写真 2
      写真 2 posted by (C)savilerow



      シャツもアスレーの6.2オンスを使用しているので生地感もしっかりです。


      この夏の埼スタもこれ一枚で。。



      ところで、つい  親心がでてしまい。。。

      この赤の部分を・・

      ずべて黄色で仕上げてちょうだい〜


      って、、、無理して頼んでしまったぞ。。


      Jヴィレッジと西が丘で着させろよ 、と。



      軽くプレッシャーをかけていこう。
      savilerow2011 * 服装 * 18:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      水玉レッド

      0
        忙しい事はいいことだ!と言われながら、

        午前0時過ぎに帰宅して、パチッっとリビングの電気を点けると、


        サランラップに覆われた おかずくん・・



        ヤダヤダ・・・





        今日は朝から相模湖を越えて藤野まで行きました。。


        帰り際、中央線に電車が入ってきて乗り込もうとすると扉が開きません。


        すると後ろにいた高校生が。。。


        「すいません、ボタン押してください・・・・」


        と私につぶやきました。



        いや〜!久々じゃないか!


        ボタン押さないと開かない扉!


        長野に勤務していたころ、安茂里駅からいつも乗っていたんですが・・・


        冬なんて手動でしたからね。。。

        懐かしさに思わず笑いながら、すいませんと振り返ると・・・



        笑ってました・・・高校生・・




        今日そのまま、久し振りに直帰しました。



        すると嫁さんが・・・一番驚いてた・・






        ま〜いいよ。。。と、



        ボジョレー1本、手土産に解禁しました。。



        日頃焼酎ばかりだから、あんまり美味さがわからん。。



        でも美味い。。だろうね。。








        さて。




        今週は注文していたジャケットが届きました。。。

        サイズもしっかりフィット。

        基本はレッドで。

        写真 1写真 1 posted by (C)savilerow

        明日は名古屋に出張です。
        savilerow2011 * 服装 * 20:57 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

        シャツのリフォーム

        0
          長年シャツを着続けると、襟元、袖が擦り切れてきます。。

          そこまで着るか?って言われましたが、着ます。


          先日、修理に出しました。


          襟と袖を取替えました。
          基本的にクレリックシャツに変身する訳ですが、これもまたいいもんです。


          京都の谷口シャツにリフォームをお願いして、完全復活して我が家にもどってきました。


          出来る限りシャツも大切に着たいものです。。

          以前はウインザーカラー(ワイドスプレッド)がメインでしたが、シャツのスタイルも変化し、ネクタイをしない日が多い昨今です。
          どうしても襟腰が高いシャツを選んでしまいます。

          ヒルディッチ&キースティーブン・ブラザースターンブル&アッサーなど英国シャツの出番が減ってしまいました。。

          ゆくゆくはこの辺のシャツもリフォームするのもいいかもしれません。

          年末も押し迫り、年賀状も未だ作成せずですが、今日からとりかかろうかと思います。。。


          夕方に武蔵浦和にある前回紹介したガルーダに家族で食事。
          ダルバード(ネパールの家庭料理)を食べてきました。

          いや〜美味しい。
          savilerow2011 * 服装 * 20:14 * comments(4) * - * - -

          Barbour〜英国からインターナショナルジャケット到着

          0
            先日ブログで紹介したBarbourのインターナショナルジャケットがロイヤルメールで届きました!

            注文してから約10日ぐらいでしょうか。

            注文後、発送後とメールがあり、自動でトラッキングナンバーも教えてくれるのでロイヤルメールで安心です。


            そしてこちらが英国より届いたBarbourのジャケットです。


            正直思ったよりワックスが目立たないです〜。
            昔というか10数年以上前に買った同じくBarbourのビデイル(ロンドンで購入)はワックスがもっとすごかった印象があります。

            色が黒ということもあるんでしょうかね。。

            ただ生地をあれやこれや触っていると手が光ってきますう。。
            手を洗うと水をはじきました〜・・スゲー撥水効果。。

            それとあのワックス独特の匂いがあまりしませんね。
            鼻を近づけてこの写真ぐらいのレベルだと匂いはしますが、
            普段電車でも迷惑をかけないレベルなんじゃないかな。。
            この辺は人それぞれですが・・


            あまりベトベトしたのはあえて作ってないような話もありますが・・
            ワックスジャケットといえばやはりバーバァーですから。

            さてこのA7"、
            そもそもライディングジャケットですので、作りがどちらと言うとタイトめに作ってあります。

            袖の長さが従来のモデル展開(ビデイル等)のサイズよりも長めに取っています。バイク用ですのでキッチリと手首部分までスナップで留めが効く様になっています。

            ループベルトがついている襟部分は、防風が基本となっているので幅も狭く、あくまでバイカー向けのディテールです。

            Barbourの中ではヘビーウェイトコットン素材ですが、普段スーツを着ている分には大して変わらないんじゃないでしょうか。

            しいて言えば、腰元のスティップベルトは普段羽織る分には必要かどうかというところです。


            なんといってもこの金ボタンが印象的だし、インターナショナルジャケットも数あるチョイスが可能ですがこれに限ります。


            今回はいっしょに同サイズのパイルライニングを購入しました。

            タータンチェックな裏地も魅力ですが、パイルライニングは取り外しも可能ですから、せっかくなので購入してみました。

            後は、何れ使うであろう事を想定してドレッシングを一缶。


            今回、注文した際、購入品によりますが、クリスマスシーズンというのもあって、メリノとカシミヤのマフラーをプレゼントで付けてくれました。

            30ポンド近くするマフラーですので、肌触りも良いしこれはありがたい。


            ちなみに送料も無料でしたっ!
            ただしVAT(17.5%)は引いてくれませんが、それでも安いで充分です。




            今回購入に当たって、すべて込みで£267、円換算で約38000円弱でした。

            ジャケット、パイルライニング、マフラーにメンテナンス用ドレッシング缶、送料含めての価格ですから、ポンド安の恩恵を感じられずにはいられません。

            これはやばいですね。。

            またまた海外サイトを物色してしまいそうです。。


            今年の冬はインターナショナルジャケットを適度に痛めつけながら育てて生きたいと思います。。

            後はホワイツの靴がいつ届くかが楽しみでございます。
            savilerow2011 * 服装 * 20:00 * comments(9) * - * - -

            Barbourな季節にポチッ・・

            0
              Barbour(バーブァー)のジャケットをタンスから取り出して、
              日陰で1週間干しっぱなしにしてました。。

              これからの季節はBarbourの出番が多くなります。。。

              自宅の物干し竿にのかけっぱなしだったので、洗濯時に嫁さんはあの独特の匂いをかぐと冬が来るんだな〜と、季節感を感じるそうです。。。
              好きか嫌いかは別として・・・たぶん嫌い?

              そんな昨今、年末に近づき、我が家の家計は夏のボーナスもすっかり使い果たし、早く冬のボーナスが出ないかと待ち遠しい中、私は一人ポンド安の状況で何かソワソワした日々を送っております。

              欲しかった物を買うのは今しかないぞ〜!

              っと心の虫が騒ぎ出します・・


              以前より欲しかったのがBarbourのインターナショナルジャケット。
              別にバイクに乗る訳でもないんですが・・


              Barbourを代表するライディングジャケットです。

              1960年代にはヨーロッパのモータースポーツ全盛期において、最高傑作と言われたジャケットです。。

              現在では復刻版の限定生産との事ですが、果たしてどれだけ作っているかは定かではありません。というか。。。かなりバリエーションにとんだラインナップを昨今展開しているようです。

              少なくともBarbourの数あるワックス・ジャケットスタイルの中で新たに展開を広げ、今年の2008/09ウインターモデルにも新たに追加されている。

              基本は定番のA7と言われているBarbourの中でもヘビーウェイト・コットンを使用した”international jacket”ですが、今年は、ミディアムウェイト・コットンを使用したり、あえてBarbour独特の匂いや艶を押えたモデル、着丈を短くし、絞りを入れたモデル、使い古したアタリ感をあえて出したヴィンテージ風モデルありで、何かインターナショナルなジャケットもえらく選択股が増えてきています。。


              それでもやはりBarbourがらしくあるためには、A7”をチョイスしたい。


              いや。。





              チョイスしてしまった・・・ 




              気が付いたら、ポチッとクリックして購入してしまいました!!

              やってもうた!!


              やっぱ金ボタンにブラックのA7でしょ!

              さらにスナップ式のパイルライニングも合わせて購入!

              さらに自己リプルーフ用にオイル缶も購入!



              決済後のクレジットカードで確認するとさっそく引き落とされていた。

              ポンド安で、1£144円前後で購入出来た。


              合計送料・関税込みで4万ぐらいかな。。。


              後は無事に到着を祈るばかり・・・


              到着が楽しみです。


              savilerow2011 * 服装 * 08:23 * comments(2) * - * - -

              古着屋

              0
                ゴールデンウィークに突入しました。。
                といってもこの中途半端な感覚はなんともいただけません・・

                さて・・

                近くの古着屋バスストップに古着を買いに行ってきました。



                自分で買ったのはこれです。

                300円ぐらいのTシャツと1000円のポロシャツ・・

                ラルフのポロは久々ですが、USAサイズなんで私にはもってこいです。

                あと、アバクロのチノパンも買いました。。
                このお店はアバクロの古着がかなり充実していています。
                値段も安いですし・・

                帰りに川口キャラでクリスピー・ドーナツを買わされました・・
                甘過ぎるんで、並んでいる時にもらえるドーナツで満足してしまいます。

                家に戻って、神戸VSG大阪と大宮VS鹿島の試合を観ています。

                まったりとしたゴールデンウィークの始まりです。。
                savilerow2011 * 服装 * 18:32 * comments(3) * - * - -

                スーツのオーダーしようっと・・

                0
                  仕事帰りに渋谷の代官山に寄った。

                  いつもスーツやシャツをオーダーしているお店ですが、今日は平日
                  の夕方と言う事もあって、店内も静かでのんびりオーダーするつもり
                  でしたが、会社の知人が同じくオーダーをしたいとの事で紹介・・


                  すっかり気に入ったようで、わたしのオーダーは次回にお願いする事
                  にしました。。


                  彼がいろいろ細部をチェックしている最中に私はたくさんあるパンチ
                  ブックを拝見中・・・



                  生地もイタリア製でジャケット仕様で、注文する予定です。。

                  こういう時間ってたまにや必要ですね。。

                  静かなお店でゆっくりとオーダーを試みる・・


                  いいもんだな・・

                  帰りは代官山から渋谷まで歩いて帰った。。
                  昔渋谷でバイトしていた頃を懐かしく思い出しました・・15年前だけど。

                  savilerow2011 * 服装 * 23:37 * comments(0) * - * - -

                  CWU-36 フライトジャケット

                  0
                    CWU-36/Pフライトジャケットは現行のアメリカ軍が採用している。

                    10代の頃はなんと言ってもMA−1がすごい人気でした。
                    とくにALPHA社が人気でしたね。こぞって着ていた記憶があります。





                    このCWU-36は1978年にL-2B後継モデルとして軍に支給され、10℃〜30℃ぐらいのライトゾーンエリア用に作られています。
                    ちなみに、1973年-10℃〜10℃用のフライトジャケットとして採用されたのがCWU45/Pになります。


                    最大の特徴は炎上した機内から脱出時の生存確率を高めるために、
                    軍専用のノーメックス(不燃アラミド繊維)素材を、ボディ全体に使用し
                    ています。
                    しかし、火事でも起きない限り日常で活躍することはないかな。。
                    あっても困るし。。

                    このノーメックス素材は水で染みになりやすく、素材上すぐに日焼けして
                    しますので程度のいい物がなかなかありません。
                    こんな感じ。。


                    このCWU-36は以前に上野のミリタリーショップ中田商店で買いました。

                    俗に言う実物です。本物です。

                    軍からの放出品(首にマジックでチェックされてます)でたまに、運がいいとかなり程度のいい物があります。


                    このCWU-36は1997年に作られたもので比較的最近のといっても10年前に
                    支給されたジャケットですが、ドイツ軍の国旗がはりつけてあるので、
                    アメリカに派遣されたドイツ軍に支給されたものでしょうか。。
                    実際、ドイツは1995年に第2次大戦敗戦後初めて、軍隊を国外派遣している。続いてコソボ、ボスニア、米中枢同時テロ発生後はアフガニスタンへも派兵しているのでその頃の実物だと思います。

                    モンクレールもいいですが、ミリタリーもいいです。



                    savilerow2011 * 服装 * 15:10 * comments(3) * - * - -

                    オーダーシャツ〜

                    0
                      今日は、代官山にオーダーシャツを作りに足を運びました。
                      代官山にあるア・ワークルームのというお店です。
                      ま、セールということで、何着か注文・・

                      肩の動きに馴染むようにスプリットヨーク仕立てにしました。
                      といっても効用もいまではあまり無いのですが、気分気分・・・

                      もちろんダブルカフスで使用、襟腰4.5cmぐらいでノーマルです。
                      前立て有りの貝ボタンは4ミリぐらいかな・・・

                      色はパンチの入ったホワイト系とレッドのドットが生地に入ったシャツ
                      などストライプもイキマシタ・・・

                      シャツは何枚合ってもいいものです・・・

                      しかし、、、あれですね・・・昔ほどセール欲が無くなりました。。
                      savilerow2011 * 服装 * 23:29 * comments(0) * - * - -
                      このページの先頭へ