<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

その後

0
    叔父が亡くなり長く短い3日間が過ぎた。

    田舎町で生まれ育ったので土地土地の慣例がある。今回はいろんな事を感じ、またビックリした事が起きた。

    午前中には叔父の家に到着。
    布団の中で横たわる姿は、まるで寝ていて今にも起きだしそうなぐらいです。

    30年前の出来事を思い出しながら色々語りかけたら、返答が返ってるみたいで、涙がポロポロと落ちたけど、日頃から誰の世話にもならずにコロッと逝きたいんや…と、話していた通りだった。

    昼頃から自宅にはたくさんの方が弔問に訪れ枕元で言葉をかけられる。

    全く盆と正月が一緒にきたみたいに、遊びまわる叔父の孫達を私の膝の上に座らせて、皆さんが語る話しを聞きながら人徳だなーと感じていました。

    その横で喪主である息子と地元の葬儀屋が来てお通夜と告別式の段取り打ち合わせ、まもなくお寺のご住職が来られて亡き叔父の枕元では色んな準備が進んでいく。。


    夕方には納棺の時間となり、自宅には親族がみんな揃う中、納棺の準備が始まりる。

    叔父の胸元で硬く合わさった手を両手で包み込むように丁寧に時間をかけてさする。

    合わさった手をゆっくりと離すと、叔父の片手に自分の手を重ね合わせ、前後左右に関節を曲げながらまたほぐしていく。

    ほぐし終えた両手を胸元に戻し、白装束を広げ袖口に腕を通す。肩を持ち上げ硬直した体を丁寧に動かしながら、肩から首下とゆっくりと着させていくんです。

    叔父の体は旅立ちの準備が整い、その間ほんとに静寂の中に凛とした時間が流れて行く。

    さっきまで遊び回っていた孫達もその儀式を黙ってみつめたままです。。

    手足に手甲と脚絆の紐を孫達が集まり、それぞれ結び終えると、自分含む数人で叔父を棺桶に納め、そして最後に家族達で六文銭を首にかけ、杖、草鞋、笠を入れ数珠を合わせた両手にしっかりと掛けて旅立ちの準備が整う。

    この一連の流れは映画“おくりびと”そのものだった。

    葬儀はお通夜、翌日の告別式と滞りなく終えあっという間に時間が過ぎていく。

    告別式を終えると親族がバスに乗り火葬場に向かう。

    前日が友引ということもあり、火葬場には次々と人が出入りし、この一両日中にもたくさんの方が亡くなられたようだ。

    2時間近く経った頃、館内放送があり親族達が収骨室に集まる。

    扉が閉まり、収骨前の説明を親族が静粛に聞いているその時、、、

    まさに突然、、、

    私の真横にいた叔父さんがその場で意識を失い、まるでマネキンが前に倒れるように直立不動のまま倒れた。。

    その瞬間の動揺具合は半端なかった。

    収骨室に物凄い何かを叩きつける音が響く中、突然状況にパニックになり、その場にいた子供達も泣き出すわ、過過呼吸を起こすわで大変な事態になった。

    自分も只々ビックリしてその場では何も出来なかった。

    私の従兄弟の嫁さんが看護師をしていた事もあり、その場で応急処置、救急車への連絡ともうわけがわからん。。

    まもなく救急車が到着。
    収骨室に救急隊員がガサガサと入ってきて意識確認しながら担架で運びだされた…。

    もう、放心状態。…


    その後はもう動揺したまま、無事だったのだろうかとか、こんな事あり得るのか?とか、もう頭中は混乱したまま終えた。



    叔父さんもビックリしたやろなーと心の中で語りかけながら何とか帰路に着きました。



    そして、また何時もと同じ日々が始まる。


    いつ、どうなるかわからないなーと、そんな事を最近よく考えるようになりました。


    そして、

    またひとつ歳を増やした私です。



    savilerow2011 * 戯言 * 08:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    恩人

    0
      午前0時近く電話がなった。

      普段は携帯が鳴るのが殆どだがら、こんな時間に家の電話が鳴ると嫌な予感。

      出るとおふくろからの電話…。

      予感は的中した。


      叔父さんが亡くなった。
      昨夕、自宅で倒れているのを家族が発見したとの事。もともと叔母さんと二人暮らしで子供達はみんな結婚し、孫も5人生まれ幸せな叔父さんだった。


      自分にとって叔父さんでもり、自分を育ててくれた親父でもある。

      今から30年前の事。
      高校生になったばかりの私の身の回りが一変する事態となった。

      当時、私の実家は地元で会社をやっており、自分もボンボンで育った。
      しかし、大人の事情はよくわからなかったが、突然自宅が抵当に取られ全てが無くなった。

      春に高校に通い始めた自分にとってはもちろん高校もその時点でドロップアウト。


      三文字で言えば、「よにげ」ってやつですね。


      とにかく遠い知らない街で隠れるように暮らしていたんだけど、流石に半年近くなると高校生の自分には現実が受け入れられなくなる。

      この先俺どうなるん?
      そんな事が頭によぎると責めるのは親ばかり。何で俺がこんな目に遭わんといかんのや!と当たり散らしてばかりの日々でした。


      高校だけは卒業しないとという、もちろん親としての思いもあったんでしょうが、借金の返済は親族も巻き込んでいる中、お前さえいいなら戻ってこいと自分に声をかけてくれたのが、叔父さん夫婦でした。


      小さな田舎町ですから、自宅が抵当にとられ一家が翌朝消えれば町では事件みたいなもんです。

      叔父さんは隣町に住んでいたのですが、
      大人の起こした事や。お前ら子供には何の責任もない、悪いわけやない、恥じる事も何もない、高校だけは出ないかんと、そう言って高校生になったばかりの自分を三年間自宅に居候させて卒業まで面倒をみてもらった。



      高校に戻ったとはいえ、半年近くドロップアウトしていたため、授業も何もわからない。

      叔父さん家には小学生の兄弟が二人いたので、下の娘の部屋を当てがってもらった。机や通うための自転車も中古で見つけてくれて与えてくれた。

      まだ16歳の自分にはそんな有難さより、何で俺がこんな思いしてまで…という気持ちが心の中にあり、高校に通いながらも横道それるには全て揃っていた。


      半ばどうでもいいやと喧嘩ばかりに明け暮れ、相手に怪我をさせてしまった。

      学校から下されたのは無期停学処分。

      半年の遅れを取り戻せる日々もなく、また学校から遠ざかる事になってしまった。

      体育教官室に連れていかれ、先生に殴られ、その場で髪の毛をバリカンでバッサリ剃られてしまった。。

      夜も遅かったと思う。
      呆然としている校長室に戻るとそこに叔父さんが駆けつけてくれていた。

      あほたれ!!

      と思い切り殴られ、自分もその場で泣きじゃくった。


      あれから30年が過ぎた。


      当日30代だった叔父さんはたまに私が帰ると好きなビールを飲みながらこう話す。

      「俺が入院でもしてな、お前が病院に駆けつけてくれる時は、俺がもうあかん時やな。」

      便りがないことはえー事やから、頑張れと。いつも話してくれた叔父さんだった。


      ほんまにありがとう。





      最後に話した事は当たり前過ぎて何にも覚えてない。

      せやけど、

      30年前殴られた痛みはよう忘れんし、今の自分があるのも叔父さん夫婦のおかげです。


      今から帰る。


      まっててや。

      savilerow2011 * 戯言 * 07:03 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

      近況

      0
        ご無沙汰のブログアップ!

        まだまだ続けますよ。


        って、あちらこちらからどうなってんの?って言われながら書きます。


        最近の話題は・・・

        携帯をiPhone6に機種変更しましたっ!少しデカクなったので親指の仕事が増えました。。。
        使いこなしてないけど、慣れでしょうか。。

        明日は高尾山に登ってきます!
        朝7時前に出発、登山仲間と高尾駅で落ちあいそのまま登山。
        紅葉も見所って感じでしょうか。

        夜はそのまま現地のキャンプ場で一泊して日曜日のAMには帰宅予定。
        その後は・・・・

        鹿島スタジアムまで!

        でもって、サッカー。

        浦和もいよいよですね。

        終盤のこの流れは毎度??のことと覚悟してます。

        大宮は季節到来!とばかりにこの季節残留争いで盛り上げますね。

        お互い盛り上がったほうが面白い!


        子供のサッカーも気になるところですが、、、

        なんせ試合数が圧倒的に少ない。

        ユースになるともちろん学年単位での試合なんてないですからね。あくまでAあるいはBチームで練習と試合。

        Aチームはもっかプレミアイーストで首位を独走中。このままプレミアでてっぺんとってほしいですね。
        そうなると来年は厳しいプレッシャーの中で戦うので良いことだと思います。

        Bチームは県リーグ1部で奮闘中。

        なかなか試合に出る機会に恵まれず、ベンチで過ごしています。。

        出場時間が少ないので試合感やスタミナが問題かな。

        まーでもそこを這い上がってこそ見えるものある。
        ジュニア、ジュニアユースと怪我を乗り超えながらも試合には出続けてきた。
        なんで家族としてもけっこう想定外でした(笑)

        まープロを育てるところなので実力世界、それだけユース世代ではぐんぐん伸びる選手がいるということですね。

        なんとか見守っていきたいと思います。




        自分は毎晩お酒をあおりながら、なんとか楽しんでます。


        また書きます。


        ではでは!!!
        JUGEMテーマ:日記・一般





         
        savilerow2011 * 戯言 * 20:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        雨続きの高尾で〜

        0
          ラジオから流れる "Thank You Lord" Bob Marleyを聴きながら車を走らせた。



          ワイパーのリズムが妙に心地良く響くぜ〜



          対向車もほとんどない圏央道、高尾に向かって速度を上げるぜー。

          到着したのは雨の高尾山。

          日影沢キャンプ場






          新緑の山の匂いはたまらなく誘う。





          緑の葉に伝う雨雫を見とれながらの一杯がこれまた美味い。



          いい写真が撮れて満足。
          アプリだけど…。



          京都の久美浜の玉川、五百万石の純米吟醸で醸された手つけず原酒という、直汲みよりさらにタンク口から空気に触れさせずに入れた、まるでワインのようなシャンパンのような口含み、それでいて後半はキレもあり本当に美味い酒だ。



          つまみはナチュラルチーズにフルーツラムで程よい甘さがたまらない。


          焼酎は八幡でお湯割りときた。


          景色は真っ暗でランタンと淡い灯りとタープを打つ雨音が眠気を誘う。。。




          このまま朝まで眠ろうかと思うが流石に夜の気温では厳しい。



          特にやることのない事が何より素晴らしいと感じる。





          電波も届かない山の中で日頃の電波依存反省しながら、目覚めの良い朝を迎え、登山の準備をせずに来たのでみんなは山に。。





          キャンプ場を後にして多摩にある地酒の聖地小山商店に立ち寄った。

          島根県の王禄 丈径の直汲み限定酒。

          秋田の新政青やまユを購入。





          帰りは高井戸まで中央道を使ったら、ラジオから懐かしい歌が聞こえてきた。



          中央フリウェイ〜♬



          しかし方向は上り方面なのだ…。



          下り方面なら似合うのだか逆もしかり、自分らしいだろう。



          さて次回は何処に行こうか。



          楽しみだ。
          savilerow2011 * 戯言 * 17:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          35年前(YAMAHA FG-201B)

          0
            浦和駅東口で行われたワールドカップの初戦、日本vsコートジボワールのパブリックビューイングに行ってみた。


            10時キックオフの試合だが、早めにと思い8時前に到着。パブリックビューイングは500人入場でしたが、既に400人以上がPARCOの周りに並んでました。

            何とか入場出来出来たが、、代表の試合は負けてしまいました。

            なんかむしゃくしゃするのでついでに酒でも買いに行こうと近所の酒屋に行ってみた。

            生酒から火入れに変わり飲み比べもいいやーとあれやこれやと考えつつもやっぱりやーめた!と歩いて帰る途中に、、


            ちょっと何と無く、

            意味もなく立ち寄ったハードオフ。。

            奥にある保証外の陳列ギター。
            ほとんどがボロボロです。。

            ギターを嗜んだ者からすると、どうやればこんなボロボロになるんだろ?といつも思います。

            そんな中、やたら綺麗なギターがあるではないかっ!なんでこんなところにあるのか?とよくみてみたらネックが順反りしてるという事だ。

            それでも見れば見るほど新品ではないかると疑う程綺麗だ。

            YAMAHAのロゴ。

            型番はFG-201B



            1978年から1980年に製造されたドレッドノート、トップはえぞ松の合板だが、なかなかどうして今じゃえぞ松なんて高価過ぎて安価な物には使われない。

            して、このギター当時の販売価格は2万円。当時小学生だった俺には限りなく高価ではあるが。

            値段はなんと、、


            3千円…。

            可哀想過ぎる。。もちろんネックの反りがあり手前で直さないといけないが、ネック調整なんて家庭用の工具があればソコソコ出来るもんだ。

            フレットにはサビが付いている。
            長年に渡り張りっぱなしだったと思われる。おそらく想像するに、Fコード辺りで挫折したんだろうなーと、そのままソフトケースにしまいこまれ、、

            製造番号から、、
            35年という年月が流れたのか。

            35年前のヤマハのギターはメイドイン ジャパンのしっかりとした造りだ。


            気が付けばネックを鷲掴みにしてレジの前に並び三千円を支払った。


            日本酒を1本買ったのと変わらん。


            どこに置くのかは別としてとりあえず持ち帰りフレットを磨き、ネックを調整し、指板にはオレンジオイルを染み込ませ、新しい弦を張り替えてみたら、、
            12フレット6弦で3mmを切る弦高調整。

            おっーーー!!

            なんというかぐわしい音か。


            35年前にオーナーが変えて以来サンドホールからは水分の抜け切った響きがこれまた良い。


            たまに弾いてやろう。









            savilerow2011 * 戯言 * 08:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            尾崎のみた風景2014

            0
              先日、ぶらっと朝霞方面に出かけた時に、一度立ち寄ってみたいと思っていたところに行ってみた。

              そこは住宅街の中にある普通の一軒家。

              ここで彼が過ごした数年の間何を感じ何をみてきたのだろう。。

              そんな事をふと思いながら自身のその頃を思い出した。



              尾崎豊の風景と記憶 (2006年のブログ)



               
              savilerow2011 * 戯言 * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              すみたガラス市

              0


                週末は錦糸町駅の近くで開かれた、すみだガラス市に嫁と出かけた。

                この市に行くのは初めてである。



                ガラス市というだけあってガラス工芸品から、醤油瓶、フラスコまで多様なガラス製品がお安く購入出来る。


                人気はやはり松徳硝子で人だかりは群を抜いていた。商品はもちろんアウトレットだが、何が悪いのかさっぱりわからない(≧∇≦)


                うすはりは人気なんだけど、嫁曰く、扱い辛い、すぐに割ってしまいそう。

                と、あまり評価は良くないのだが、セットで購入すると地価の1/4ぐらいで買えるので割れても数ありゃという事で買ってきました…。








                savilerow2011 * 戯言 * 08:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                電車

                0
                  電車を降りると、おっ!と互いに顔を見て懐かしくなった。

                  お互い子供の近況も語りながら、ブログを読んでもらってるようで、最近忙しいそうで〜と、無精を流してくれた。


                  やっぱり続ける事は大事だな。


                  出会える人と出会えるうちに。

                  savilerow2011 * 戯言 * 21:13 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  未来は明るい?

                  0
                    日本代表候補の合宿が千葉県であるということで、練習休みにわざわざ秋津まで見学をしに行ってきたようだ。

                    行動力は俺に似ている。。

                    非公開だったため、雑木林に隠れて見学したようだ。

                    撮った写真にその努力が伺える(笑)

                    葉っぱの隙間から槙野っ!

                    いちばんうるさかったのは槙野っ!

                    だろうなーーー。



                    ザッケローニ監督の指示は勉強になったようで、とにかく質を上げろ!だ。

                    基本的な事なんだろうけど質の向上を実感したよう。


                    そんな簡単なことじゃないだろうけど、家で寝転がってスマホをいじってばかりより、

                    休みの日をこういう形で有効に使えるなら未来は明るい。







                    savilerow2011 * 戯言 * 19:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    2014謹賀新年

                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般


                      謹賀新年

                      2014年もよろしくお願いします。



                      2005年から始めたブログも9年目に突入です。
                      当時は情報発信といえば自身でホームページを立ち上げ、その後ブログに移行し、
                      今は、Twitter、Facebook等、気軽になればなるほど本質につく詰める内容が
                      なくなり、薄い言葉ののみが発信されているみたいです。


                      便利さの中にその質を見出すことはなかなか難しく、今後はちょっとはこちらのブロクで
                      発信していきたいと思う2014年1月4日です。







                       
                      savilerow2011 * 戯言 * 23:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ